【企業の強い味方】土壌汚染調査会社を学ぶ!

土壌汚染調査は企業や消費者にとって助かる存在!

生活を豊かにすれば起こる問題

車や洗剤など様々な便利なものが増えました。これらは生活を豊かにしてくれるため人に無くてはならないものです。ですが、便利になればなるほど身体や自然に有害なものが溢れてきます。それらが増えることで起きるのが土壌汚染です。では土壌汚染が起きる原因や調査について調べていきましょう。

【企業の強い味方】土壌汚染調査会社を学ぶ!

工事現場

土壌汚染とは?

そもそも土壌汚染というのは、重金属や有機溶剤、農薬や油といった物質が土壌に含まれる事を言います。土壌汚染が起きると自然環境や人体に影響を及ぼすと言われているためとても土壌汚染は深刻な問題です。土壌汚染が起きる原因としては工場の排水管や排水を溜める水槽の亀裂で有害物質が漏れることが大きな原因です。それらは、地面を通り、地下水に行くことで川からどんどん汚染範囲を拡大させるのです。

土壌汚染による影響とは?

土壌汚染で最も怖いのが、自然や人体への影響です。自然への影響というのは、単純に草木が生えない、健康的な草が育たないということです。ですが草木が生えないということは生きていくための人間のサイクルまでも狂わせます。その悪循環サイクルを説明すると、草木が生えない→緑が減る→地球温暖化が進むことになります。また悪影響サイクルの中には生態系にも影響を及ぼします。川に汚染物質が流れることで魚や水生生物などが汚染され、それを捕食している魚や動物にも汚染が広がることで絶滅するという、最悪の結末になります。悪循環しか生まない土壌汚染は人体にも影響があります。土壌汚染された場所の野菜や果物、水などを摂取すると、歩行障害、手足の麻痺、ガン、心臓発作など数え切れない影響が起こります。最悪、死に至ることもあるので土壌汚染はとても怖い存在なのです。ですが、そういった影響をおよぼさないためにも土壌汚染を調べる業者があります。それを「土壌汚染調査会社」と言います。

土壌汚染調査について

人々の生活、自然を守るためには土壌汚染調査が必要です。また土壌汚染されている土地やその上に建っている工場の企業ブランド力の低下に繋がるため、企業にとっても、そこを土地にする方にとっても大事なことなのです。それを調べるには専用の機械や重機を用いて調べるため、土壌汚染調査会社に調査の依頼をする企業が多いです。その調査方法としては土壌汚染の恐れのある所で土などを採取して専門の調査機器で調べ、汚染確認したら範囲を把握するために専用の重機で範囲を調査します。それから汚染範囲を壁で遮断する「遮壁」、微生物や菌を利用した浄化方法「バイオレメディエーション」など様々な方法で浄化をして、元の土壌に戻してくれます。

依頼費用について

費用には土壌調査と浄化があり、それらは範囲や方法によって異なります。土壌調査は範囲900平米以内であれば約25万円から50万円前後、900平米以上なら約50万円から70万円前後が相場となっています。浄化費用に関しては、深さや濃度、汚染物質の種類などで異なるのでどのくらいの費用が必要なのか詳しい金額は言えません。価格として数百万から、範囲が広い、濃度によって数億円になるケースもあります。

広告募集中