ハロゲン分析で安全な生活を暮らせる!気になる分析内容を公開!

分析は必要なこと!

分析と聞くと「得意不得意の科目を分析」「栄養素分析」など調査的なことで使われます。でも分析を重ねることで、今の安全な生活になっていると言っても過言ではありません。製品を作る場合に分析をして、有害物質があるのかどうか調べます。その分析で注目されているのが「ハロゲン分析」です。なぜ注目されているのか調べてみましょう。

【企業様!注目】ハロゲン分析を理解しよう!

科学

そもそもハロゲンというのは何?

ハロゲン分析を理解する前に、ハロゲンについて知っておきましょう。ハロゲンというものは元素の総称を言います。詳しく説明すると「フッ素」「塩素」「臭素」「ヨウ素」が属します。それらがどうして分析が必要なのかと言うと、もしハロゲンを使用している物を焼却した場合に有害物質であるダイオキシンが発生します。そのダイオキシンの元になるためハロゲン分析をするのです。現代ではダイオキシンを発生させないためにハロゲンフリーというハロゲンを使用せずに製品を作るという技術ができました。ハロゲンやその他有害物質の分析を専門に行う会社もあります。新しい製品ができたりしたら必ず分析を行うことで安心で安全な商品になりますよ。

有害なダイオキシンが発生するとどうなるのか?

ダイオキシンは身体に悪いということは、全世界で認識されています。ですが、実際にダイオキシンが身体にどのような影響を与えるのかわからない方は多くいます。まずは体内にダイオキシンが入ってくる流れについて説明しましょう。ハロゲンを使用している物を燃やすと出てくるダイオキシンは、一度できたら中々壊れない物質で、自然環境に長く滞在するといわれています。やがて動物の脂肪に溜まるようになり、それを人が摂取することでダイオキシンが体内に入ってきます。人間に入ってくるダイオキシンの濃度は濃くなっていきます。例えば海にダイオキシンが入るとしたら、小魚がダイオキシンを蓄積し、その小魚を中型魚が捕食し、更に大きな魚が中型魚を捕食することでどんどん濃度が濃くなっていくのです。それを生物濃縮と言います。濃くなった魚を食べることで人体にも害を与えると言われています。その害というのは男性や女性ホルモンをおかしくするため、産まれてきた赤ちゃんに影響が出ると言います。例えば精子が作れない身体になったり、奇形児が産まれたりと大きな影響を与えることになります。そうした害を未然に防ぐために、土壌汚染調査やハロゲン分析などで有害物質を調べられており、おかげで大きな被害に遭わなくて済んでいるのです。

新着情報

物質分析には色々ある!

物質には様々な特徴があるため、分析方法も変わります。その方法は企業によって異なるため分析の中でも選ばれるものも多くあります。では分析ランキングを紹介しましょう。その内容も一緒に説明しますよ。

物質分析のランキング!

no.1

【一番選ばれている分析方法】RoHS分析

世界中で使用されているパソコンや家電や通信機器などで有害化学物質を使用していないか調べる分析です。使ってはいけない物質が鉛・水銀・カドニウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニール・ポリ臭化ジフェニルエーテルの6種類です。

no.2

ハロゲン分析

上記にも紹介しているハロゲンですが、燃やすとダイオキシンの原因となる物質を分析します。電子業界でこの分析は注目されていて、近年ではハロゲンフリーというハロゲンを使用しない製品が一般的になってきました。

no.3

食品容器・包装分析

食の安全性が注目されています。食品容器や包装にも気を配る時代になりました。プラスチックのねじ蓋や、缶の内側のコーティングなど安全性を分析するものです。食品企業に多いですね。

no.4

残留農薬分析

材料に農薬が使われている場合があるので、その農薬が残っているかどうか調べるための分析です。農薬は身体に悪い成分ばかりなので、この分析は食品企業に必要不可欠です。容器分析を一緒に行なわれることが多いので、ほぼ3位と変わりのない4位です。

no.5

フタル酸エステル分析

この分析は育児用品やおもちゃが対象となっている分析です。フタル酸エステルというのは材料を柔らかくするための添加剤です。シックハウス症候群という原因物質の一つと言われています。

[PR]土壌汚染調査を専門業者に頼もう
施工事例をいくつも紹介

[PR]ハロゲン分析を専門業者に依頼
消費者に安全を届けよう♪

広告募集中